デザイン重視

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうすればいい?

当たり前のことですが、メンテナンス不要のウォーターサーバーはありません。
ウォーターサーバーのメンテナンスは、サーバーを設置した業者が定期的に行うケース(1年に1回程度、サーバーを回収してメンテナンスを行うことが多い)もありますが、日常的なメンテナンスは利用者自身が行うセルフメンテナンスが原則です。
サーバー設置の際にセルフメンテナンスのマニュアルを渡してくれますから、それにそって行います。

http://b0o.com/mizunimegumareru.htmlにも書いてあるようにサーバーはきれいな水を使いますので、基本的にはゴミやカビは発生しにくくなっているのですが、だからといって長期間放置しておくのは問題です。
できれば週に1回は、市販のアルコール除菌剤やブラシなどを使ってサーバーをメンテナンスしたいものです。
また、ボトルを交換する際には、ボトルの差込口や周辺部分、蛇口や受け皿の清掃・消毒が必要ですし、本体外面のホコリや汚れとりの清掃は、普段の室内清掃と同様に心がけたいものです。

ウォーターサーバーは電気で水の温度を保っているので、ホコリやゴミが付着しやすい状態です。
ですから、電源プラグや差込口のホコリにも注意しておきましょう。
また、サーバーは電化製品なので、定期的な動作確認も必要です。
なお、ウォーターサーバーの内部については、常に温水スイッチを入れておくことで清潔に保たれていますが、サーバー内部の清掃もしたい方は、必ず、事前にサーバーの設置業者に相談をしてください。
ウォーターサーバーのメリットは他にも沢山あるので、是非ご検討くださいね。

このページの先頭へ