デザイン重視

ウォーターサーバーの水は配達してもらえるの?

宅配水ビジネスは、ウォーターサーバーを販売することで利益を得るというよりも、ウォーターサーバーで使用するこだわりの水を利用者宅へ配達することで利益を得るような収支構造で経営されています。
ですから、水を配達してもらえることが前提でウォーターサーバーは設置されるのです。
2007年頃から急激に拡大してきた宅配水ビジネスは、自社や指定工場で採水・ボトリングした水をフランチャイズや代理店方式で全国的に販売網を確立しました。
またウォーターサーバーはレンタル可能でしょうか。詳しくはhttp://www.newedgewater.com/check.html

この水のボトルは、利用者が簡単に家に持ち帰るような商品ではありませんから、利用者を獲得するためには、専用のサーバーの設置と水の宅配網の確立が重要課題であったわけです。
こうしたことから、多くの宅配水業者は、無料でサーバーを設置したり配達料はとらないで水を届けたりすることが当たり前のサービスとして確立してきたのです。
ある宅配水業者のウォーターサーバーを設置することは、その業者が提供している水を利用することを意味します。

いささか品のない表現になりますが、サーバーを設置しただけでは一銭の利益にもなりません。
そのサーバーで使用する水を利用してもらうことで、初めて利益が生まれ始めるのです。
なお、宅配水ビジネスを展開する業者は、年々右肩上がりに拡大しています。
業者名には、その業者の取り扱う水の銘柄が付いているケースが多いのが、この業界の特徴です。
また、浄水器、整水器の種類と特徴 もの記事も是非ご覧ください。

このページの先頭へ