デザイン重視

デザイン重視のウォーターサーバーって?

ウォーターサーバーに求められる本来的な機能は、「いつでも好きな時に冷水でも温水でも利用できる」ことです。
この機能が果たせるものであれば、次に求められるのはやはりデザインなのでしょう。
多くのウォーターサーバーの選択肢は、タイプとカラーです。

タイプとしては「据置型」と「卓上型」の2タイプです(小型とかミニといったタイプが品揃えしている業者もあります)。
カラーは3から5色といったところです。
通常はこうした品揃えのなかから利用者が選択しますが、据置型のサーバーは決して小さな物ではありませんから、置き場所によってはデザインが気になるのは当然かもしれません。

以前は、サーバーが1種類しかないものや着せ替えホルダーで上蓋のカラーだけを変更するくらいで、デザインに注目して、いわゆる格好の良いオシャレなウォーターサーバーと言えるようなものはありませんでした。
しかし現在は、http://www.pifbex.com/dezainn.htmlにも書いてあるように、おしゃれなウォーターサーバーがいろいろと揃っています。
インテリアとしても利用することができるもの、カラーバリエーションが豊富なもの、子どもや女性好みのキャラクターが施されたデザインのウォーターサーバーもあります。
複数業者のウォーターサーバーをチェックすれば、利用者の好みにあったものや設置する部屋にマッチするものが見付けることができるでしょう。
業者のなかには、家具専門のデザイナーが手掛けたものや、熟練した職人が外国産の天然桜木を使って手作りした高額な価格のサーバーも販売されています。
また、硬度による水の分類について書かれたこちらの記事http://www.poppiswim.com/koudo.htmlも大変興味深いです。

このページの先頭へ