デザイン重視

ウォーターサーバーってどういう製品?

ウォーターサーバー(Water Server)とは、http://xn--z9j7ej2c8b2f6nbbb6269l3kpaq21ihje.com/にも書いてあるように、専用のボトル(9L・12L・20L)をセットするだけで、いつでも冷水(5℃~10℃)と温水(80℃~90℃)が利用できる便利な冷水熱水器具で、ウォーターディスペンサーとも言われます。
もともとは業務用に開発され病院や公共施設、事務所などに設置されましたが、飲料水や衛生感覚の変化でにともない、一般家庭にも設置されるようになってきました。
この背景には、健康志向ブームやミネラルウォーター利用者の増加にあわせて、「水はタダ」といった飲料水に対する日本人の常識が「安全でおいしい水は、お金を払ってでも手に入れるもの」といったように変化してきたことを挙げることができるでしょう。

水に対する意識の変化から、現在、一般家庭への導入が増えています。
ウォーターサーバーの設置は、水の宅配業者によって行われるのが一般的です。
使用料は水の宅配業者によって違いがあり、無料で設置する会社が多くなっていますが、有料で設置する会社もあります。

使用する水は水道水でも問題はありませんが、最近では、サーバーを設置してくれる水の宅配業者が採水・ボトリングした天然水(地下水)を利用するのが一般的です。
これらの水は、それぞれの水の宅配業者によってこだわりのあるものが提供されており、サーバーの機能やデザイン以上に利用者の注目を浴びる傾向にあります。
ウォーターサーバーの人気のヒミツこちらの記事も参考に是非ご覧ください。

このページの先頭へ